ある日突然、ガン(食道ガン)の告知を受ける
そりゃ〜もう、七転八倒の錯乱状態の心中の 日々

恐怖から逃げたくても逃げれない、現実の今世

やっと開き直って・・・(手術を受けて,2007年1月に)
 心の中の本音と
 日々の出来事と
 病状の変化・進行などを
 書き連ねる事にしました

他人への批判、中傷もあるかもしれませんが
 でもそれが ガン患者の本音なんです
病人のたわごとと、笑って下さい。。。

( 何度も変更、改定しています。今後も )
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
梅雨みたいな 毎日?
抗がん剤治療が やっと終った
次回までの 空間?が ひと時の安らぎに感じる

今回は 点滴後 沢山の水分を取ると 非常に副作用が軽減される事が判った
これは 精神的にもかなり楽になった
味覚がおかしくなる事
吐き気が 続く事
脱水症状のようになり 体力低下する事

少しは 楽になった

同じように 抗がん剤治療をされている方たちに
水分を沢山取ることを 教えあげたい
途中で止める方たちが多いのは このたまらない副作用なのだ
ま、続けたからと言って 再発が全くしないと言う訳ではないのだが。。。


今は 季節は梅雨
ガンになってからの毎日は 正しく この梅雨に似ている

毎日がうっとうしい
心から 喜べない自分がいる
決して 快晴など二度と 来る事は無い
何かをしていないと ついついマイナス的な考えが支配し始める

一度ガンになると もう元には戻れないのだから
あとは目に見えない階段を 登るだけなのだろう
1年後か?
3年後か?
5年後か?

嫌な事を考えてしまうが
ネットや書物に大きく書かれている『 生存率 』は 
いやおう無しに 生きる事を あきらめさせられる
ひどい話だ。。。

同じように ガンになって その過程をHPやプログで 書いている人は多い
でも、再発している事が判り その告白を載せて
2〜3ヶ月すると みんな閉鎖されるか 
全く更新が 無くなる
悲しい現実です



「モルヒネを毎日打ち続け 痛みに耐えているが
 こうしてパソコンを打っていても 白目がガクガクと 動いて
 焦点が定まらず 痛みに耐えることすら 出来なくなってきている・・・」

ある末期ガン患者さん(ネット・友人)の 
プログに書かれていた 最後の言葉です
亡くなられる 二週間前に 書かれたメッセージでした
同じ職種の 方でした




梅雨の朝
会社へ向かう人々のさす 傘の花は 美しく感じる
色とりどりの柄は 都会に咲く梅雨の花

そんな花も 毎日のように続けば 
心の憂鬱さを隠す 愛想笑いに思えてくる

傘をささず 濡れて歩く人は いないだろう
いつか晴れるから みんな傘をさす

梅雨がいつか終ると 知っているから。。。



| - | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |