ある日突然、ガン(食道ガン)の告知を受ける
そりゃ〜もう、七転八倒の錯乱状態の心中の 日々

恐怖から逃げたくても逃げれない、現実の今世

やっと開き直って・・・(手術を受けて,2007年1月に)
 心の中の本音と
 日々の出来事と
 病状の変化・進行などを
 書き連ねる事にしました

他人への批判、中傷もあるかもしれませんが
 でもそれが ガン患者の本音なんです
病人のたわごとと、笑って下さい。。。

( 何度も変更、改定しています。今後も )
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ウォーラーさん
今日は いつも治療をして頂いている 高石市の病院へ行ってきました
手術をした 大阪市大の関連病院(全ての先生が市大出身)です
担当して頂いている先生も 元は市大の外来〜執刀医です
市大の教授と 蜜に連絡を取って頂いているので 安心しています

来週からまた 抗がん剤治療(クール)が始まります
今のところは 吐き気・下痢ぐらいしか 副作用はありません
今日 先生にお会いして「わぁ〜色 黒なりましたね〜」と ビックリしていましたが
抗がん剤の副作用ではなく 日焼けです(笑)



同じガン患者さんのプログを見たり また先輩患者様から
色んな知識を得ています
そんな中 ウォーラーさんという方がいらっしゃって
兵庫県で 確か手術したと思います
同じ 食道ガンです
ステージは靴如〇笋茲蠅老敕
一年前に 外科手術を行なって その後は抗がん剤などの治療もせず
再発も無かったのですが 一年経って やはり再発・転移が発覚

がん細胞が 再発・転移するということは ・・・です


食道ガンの 外科手術が どんなものかと言うと
まず〜
 右の乳首の下の辺りから 背中まで 切開して ろっ骨を2本外します
 (そう 骨折させるのです)

 次に 食道を全て切り取る為に 心臓や 肺 その他近くの臓器を
 持ち上げ 或いは 外に持ち上げます

 お腹はへその下まで 切り開いて 胃を引っ張れるようにします
 で、食道が無くなったら 胃をあげて
 胃の上の部分を 喉の下でつなぎ合わせて 胃を縦に使います
 (喉の次が 胃になります)

 喉の辺りで 胃をつなぎ合わせる為には 首〜喉を切り開いて
 手術をします

 右のわき腹
 お腹の真ん中
 のどから首   この3箇所を 切開しています

手術時間は だいたい10〜12時間ぐらい
胃の手術が 4時間ぐらいですから かなり大変な手術だと言われています


手術が終った時 「何処が痛いですか?」と聞かれましたが
体の全てが痛かったのを 覚えています
中も外も みんな痛くて痛くて ほんまに辛かった。。。


再発・転移  いつくるかなぁ〜?
覚悟はしとかんといかんし

今は体力回復と 仕事に頑張って
リハビリとして 波乗りを続ける事しか 考えられません
来年は もう波乗り でけへんか わからんから 
今のうちに 乗っとこっと〜(笑)

波乗りをしていて 良かったと つくづく思います  (^。^)





| - | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |